国内格安航空券で出張の毎日

ビジネス目的ならば経費削減のためにも格安航空券を利用したい

あえて快適な空の旅をすることはないのかなと個人的には考え、LCCだからこそ機内でのサービスは必要にして最小限がいいのかなと感じています。
このことを飛行機をよく利用する出張族の友人と話します。
友人も私の意見に概ね同意であり、時々は一般の料金の飛行機に乗ると椅子の広さやサービスの充実に驚くとのことです。
これは本当に感じることで、日本の大手航空会社の一般料金の飛行機の機内サービスはとても充実しています。
海外の旅客機に乗るとサービスは最低限ですし、ご飯もいかにもレトルトという印象ですが、日本の航空会社の機内サービスは不満をまったく感じません。
そういう感覚にあるのも、普段は国内格安航空券を使って営業所回りをしているからかもしれません。
私の会社は全国に営業所があるために、人によっては週に8日出張をするといわれています。
一度帰社してからそのまま空港へ向かうことだってあるからです。
出張手当も付きますし移動も苦ではないので私は好きなポジションですが、現在の若手にはこの現地出張組の仕事は人気がありません。
これも時代性なのかもしれないです。
大学を卒業して現在の会社に採用されてから、本社の研修を経て現地営業のサポート役になりました。
仕事を教えてくれた先輩は15歳年上でお酒の好きな人で、飛行機ではいつもお酒を飲んでいました。

国内格安航空券は利用者の増加で細やかなサービスが提供されるようにビジネス目的ならば経費削減のためにも格安航空券を利用したい出張が多いが杯をかわしながら話をするのが醍醐味